スペイシャルが 2024 1.0 の一般提供を発表

2023/11/24 1:39:15

 

 

3D InterOp が製造自動化のサポートを拡大

3D InterOp

3D InterOp は、製造自動化のサポートに引き続き取り組んでいます。特に2024 1.0では、CADファイルのアセンブリカット・フィーチャと複合公差のインポート・サポートが強化されました。

アセンブリカット・フィーチャ

3D InterOpのUConnectインターフェースは、Creoのアセンブリカット・フィーチャのインポートをサポートするようになりました。これは、CADアセンブリ内の複数の部品事例からツールボディを減算するアセンブリレベルで定義されたフィーチャですが、個々の部品にはカットに関連する形状の変更は反映されません。典型的なアセンブリカット・フィーチャには、押し出しカット、掃引カット、回転カットなどがあります。

UConnectインターフェースは、アセンブリフィーチャの概念と、構成要素であるツールやブランクボディを表現する新しいクラスを導入しています。これにより、アプリケーションは設計意図を失うことなく、カットを含むCADアセンブリを自動的に正確にモデリングすることができます。3D InterOpは、データを失うことなく、アセンブリ内の個々のパーツのカット形状をシームレスに提供することができるため、貴重な時間を節約し、データ変換後の手作業をなくすことができます。. 

Assembly Cut full
 カット前後のアセンブリビュー

 

複合公差

3D InterOpは、NXファイルからの複合公差のインポートをサポートする機能を導入し、設計および製造のエンドユーザーは、簡単かつ正確に複合位置公差を利用できるようになりました。

GD&Tモデルベース定義標準によって定義された複合材位置公差は、現代の設計と製造において極めて重要な役割を果たします。複合公差は、寸法パターンのフィーチャの位置を定義し、これらのパターン内の寸法フィーチャ間の相互関係を回転と並進の両方の観点から確立するための高度な枠組みを提供します。

複合公差フレームの独特の強みは、上部セグメントと比較して下部セグメントでは、方向に対してより厳しい公差を課すことができる点にあります。このアプローチにより、位置調整と回転調整の両方で微調整が可能になり、部品の配置と位置合わせの精度が向上します。パターン・コンポーネントの位置決めと方向付けをより正確に行う手段を提供することで、設計、製造、計測のプロフェッショナルに対しより高い精度と正確さを提供します。

2番目のセグメントに第一及び第二データムを持つ複合公差によって位置決めされた穴パターンの例
CompositeGTol_3Segment_WithModifier

ここでは、フィーチャ関連公差ゾーンフレーム(FRTZF)は、パターン位置決め公差ゾーンフレーム(PLTZF)の制限内で方向が制限されています

 

Consult Spatial today 3D InterOpの新機能やファイル・タイプのサポートについての詳細は、今すぐスペイシャルにお問い合わせください。

Learn More About 3D InterOpBack to Top

 


 

 

CGM Polyhedra が3Dメッシュのストリーミングに
ロスレス圧縮を導入

CGM PolyhedraCGM Polyhedra 2024 1.0の新機能として、3Dメッシュのロスレス圧縮を実現する高度な機能を導入しました。CGM Polyhedraの上にアプリケーションのエコシステムを構築する場合、データの保存と転送の方法を最適化できます。

この新機能により、エンドユーザーはメッシュファイルを元のサイズの80~85%程度圧縮できます。例えば、553MBのファイルをデータの完全性を維持したまま87MBに圧縮することができます。さらに、エンドユーザーは2つの圧縮モードを柔軟に選択でき、省スペースとパフォーマンスのバランスをとることができます。

Polyhedra Graph 2024 1.0

 

CGM Polyhedraの新機能の詳細については、今すぐスペイシャルにお問い合わせください。

Learn More About CGM PolyhedraBack to Top

 


 

 

The 3D ACIS Modeler のボイド抽出機能


3D ACIS Modeler

3D ACIS Modeler 2024 1.0では、3D ACIS Modelerにボイド抽出のAPIが導入されました。この機能は、CFD(数値流体力学)やシミュレーションのワークフロー向けに設計されており、空いたボイド領域にソリッドボディを自動的に構築します。このようなオープンボイド領域には、ポケット、ブラインドホール、オープンパイプ、または複数の開口部を持つ領域が含まれます。CFDアプリケーションの開発者は、一般的なデータ準備アルゴリズム開発に時間をかけず、ソルバーの差別化要素の開発に注力することができます。

232px-ACIS_void_volume1 232px-ACIS_void_volume3
入力 出力

api_void_volumeは、ポケット、ブラインドホール、あるいは複数の開口部を持つ貫通穴からボイドを抽出することができます。このAPIは、これらのボイド領域を完全に再現した滑らかなソリッドボディに変換することができます。api_void_volume "APIへのアクセスをさらに簡単にするために、新しいスキームエクステンションである "body:void-volume "が実装されました。

ACIS Modelerの機能の詳細については、今すぐスペイシャルにご相談ください。また、SDKの詳細については、以下のボタンをクリックしてください。

Learn More About The 3D ACIS ModelerBack to Top

 

 

その他のModelerの改良点

CGM Modeler と CGM Polyhedra

  • 新しいCATICGMTopComputeTurningProfile演算子は、部品の回転外形の多面体近似を計算します。これは、旋盤加工部品に必要な円筒体のサイズを割り出すなど、旋盤加工のセットアップを自動化するのに役立ちます。
  • 自動ワイヤーサポート生成が強化され、積層造形ワークフローの堅牢性とパフォーマンスが向上しました。
  • CGM Polyhedraは、ソリッドを作成するためのシートボディの厚さ調整をサポートします。

ACIS Modeler

  • パートナー様からのフィードバックに基づき、ACIS Modelerはミッドシート生成を改善しました。強化された点は以下の通りです:
    • 始点情報の取得と関連データの管理のための新しいAPI
    • 新しい'offset_ratio'オプションにより、ミッドシートを幾何学的な中央以外の位置に生成できるようになりました。中立面が必ずしも正確な中心にあるとは限らないので、これは様々な材料をモデル化するのに役立ちます。
  • スティッチャーの機能強化により、生成されたボディが互いに接触している場合に、単一のボディではなく複数のボディを作成できるようになりました。これは、シートメタル製造ワークフローへの関連が考えられます。
  • 3D ACIS ModelerとHOOPS Visualize HPSインターフェース間のブリッジの再導入
  • 最新のC++ 20コンパイラに準拠するための変更
    • インターフェイスからのNULL_REFの削除
    • カーブ、サーフェス、およびそれらの派生クラスなどのパブリック・クラスにおいて、operator==およびoperator!=の戻り値の型が論理型から論理値(bool)に変更されました。

これらの新しい改良点の具体的な技術的詳細とドキュメントについては、スペイシャル のドキュメント Web サイトを参照してください。


 

スペイシャルの技術に基づいて構築されたお客様の高度なエンジニアリング ソフトウェア システムのセキュリティと完全性を最優先するという当社のコミットメントの一環として、当社のチームは、業界標準のツール、データベース、および CVE を特定するためのコンポジション解析ソフトウェアを使用し、潜在的な脆弱性を積極的に特定し、軽減しています。このアプローチにより、お客様とエンドユーザーの信頼性と強靭さを確保します。

 


 

 

2024 1.0のその他のハイライト

3D InterOp:  更新の完全なリストについては、3D InterOp リリースノートを参照してください。

CGM Modeler / CGM Polyhedra:  更新の完全なリストについては、CGM Modelerのリリースノートを参照してください。

3D ACIS Modeler:  更新の完全なリストについては、3D ACIS Modelerリリースノートを参照してください。

3D Precise Mesh: 詳細は3D Precise Mesh FAQs を参照してください。

Back to Top-1
 

You May Also Like

These Stories on CGM Modeler

Subscribe to News from Spatial